2010年05月30日

久し振りのblog、それは・・・

10053001_s.jpg


お久し振りのblogです。

オサボリでは、ありません。

実は、5月17日(月)、MERUMO嬢は手術をしました。

右胸のしこりと子宮全摘出の。。。

で、今日は、抜糸をしてきました。郵便局 車(RV)
そして、腫瘍の検査結果も良性で、取り残しなし!
とのお返事をいただきました。Clap

5月15日に、狂犬病の予防接種を受けに、病院車(RV)

で、先生が、MERUMOを触っていて、胸にしこりがホラって・・・
これは、手術の対象だねって・・・
そして、MERUMOは、シーズンが終わってもフックラ膨らんだままで、
ずーーーーーっと、さかりが続いている状態がここ数年続いていて、
このままでは、よくないので、
しこりを取るのと一緒に子宮も全摘しましょうって事になりました。

どうせしないといけないなら、早い方がいいかと・・・
それに、これから暑くなるし、
という事で、一番早い段取りで手術を決めました。

現在8歳のMERUMO、若くないので、術後は病院で一泊。病院
初めて一人でお泊りが 病院 とは、ちょっとかわいそうに思いました。

手術は、17日13時半から14時半まで。。。
最初から最後まで、しっかりこの 目 で見届けました。

なんか、感動もので、見ていた私。。。
術後先生から、無事終わりました。もうすぐ麻酔から覚めて飛び起きるから
と言われ、?って意味がわからなかったけど・・・
本当に、突然ゲボッ、バタバタって飛び起きたんですよ。
ビックリ目目
そういうことだったのね、とやっと理解しました。

麻酔から覚めて、15分ほどして、面会に行くと・・・

なにやら、ゲージの中でぶつかりながら、動き回るワンコが・・・
よくよく見ると、MERUMO嬢でした。
想像していたのとぜんぜん違って、元気に動き回っていたので、ビックリでした。

看護士さんに、こんなものなんですか?って聞くと、
MERUMOちゃんは、元気は方ですねって言ってました。
だてに、よく食べるワンコでないなぁと関心していた私です。
「MERUちゃん」と呼ぶと、尾しっぽふりふり、こっちに引っ付いてきて、
けど、オリ?の中なので、抱っこしてあげられなくて・・・
隙間から、なでなでしてあげて、1時間くらいいたんだけど、
寝始めたので、帰宅しました。

翌日、お迎えにいくと、何処行っていたの?って顔で、私を見て、
抱っこぉ〜っと手をのばしてきたので、安心しました。

術後5日目のMERUMO、寝てばかりでした。
10052202_s.jpg


たまにお顔をあげてくれて
10052203_s.jpg


お顔の表情は、元気そうだったけど、吠えないし、体ノビノビもしないし、
マッサージ要求もないし、おっとりMERUMOでしたが、
9日目から、スコブル元気になり、初吠えに、初ノビノビ、段差のジャンプ・・・

今日の抜糸後は、もう一つ、ノビノビ、ワンワン、そして動きまわるようになりました。

何はともあれ、抜糸したし、検査結果もよかったので、一安心です。

今回、私は、一つ勉強しました。

今までの私は、元気なワンにメスを入れるのがかわいそうで、
避妊手術をしない派だったのですが、
子どもを生ませないなら、初めてのシーズンが終わったら手術をした方がいいんだって。。。
その方が、年を取った時、乳がんや子宮のいろいろな病気にならなくて済むんだって事を。

たまたまMERUMOは、先生が触診していて、見つけてくれたから
トントンと事が進んで終わっちゃったけど、
もっと遅くに気がついていたら、年齢の分、MERUMOに負担が大きかったと思うし、
今回は、本当にラッキーとしかいいようがありません。

もしも悪性だったらどうしようって、スッゴク怖くて、blogどころじゃなかった私。
けど、今は、すっきり爽やかな気分です。晴れ

ニックネーム coni at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | MERUMO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MERUMOちゃん、全快おめでとう。
早期発見でよかったですね。
coniさんもほっとしたでしょう。
具合が悪いなんてちっとも知らなかったのでびっっくりしましたが…
おだいじに。
Posted by nao at 2010年06月01日 09:33
《naoさん》
ありがとうございます。
ほんと、今回は突然でしたが、ラッキーでした。
悪いところ取っちゃったので、MERUMOもすっきりしたことだと思います。
犬(笑) 顔(笑)
Posted by coni at 2010年06月01日 22:23
しばらく来ないうちに、大変なことになっていたのですね。
うちで飼っていた柴犬の女の子は、子宮蓄膿症になって大変でした。
仔犬を生まないのなら、早く避妊手術をした方がいいらしいですね。
ということで、私も体にメスを入れるのが嫌なので、男の子を家族に迎えています。

MERUMOちゃん、無事に手術が済んで
しかも元気で良かったです。

私は、手術をずっと見ることはできそうにないです。
「血」という言葉を聞いただけで、クラクラする人なので・・・。
coniさんは、すごいですね!!
Posted by tomo at 2010年06月06日 21:00
《tomoさん》
柴犬の女の子が、子宮蓄膿症に・・・
家も初代愛犬の女の子は、子宮内膜炎でした。
やっぱり女の子は、避妊手術がした方がいいみたいですね。
今回は、本当にMERUMOラッキーでした。犬(笑)
私って変?かも・・・
手術を最後まで見ていられるって。。。
何も知らない方がスッゴク不安で怖いんですよ。
父の動脈瘤の手術もモニターで見てました。顔(汗)
Posted by coni at 2010年06月08日 21:21

この記事へのトラックバック